20日 7月 2018
 今日で、1学期が終了となります。1時間目に、「詩と歌の会」と終業式を行いました。8時半から始めたのですが、体育館はすでに暑く、水筒を持って入り水分補給の時間をとりました。  4時間目までの授業では、各学年で学習のまとめや夏休みの生活について、お楽しみ会など様々な内容を行っていました。  5年生の学級では、6年生が就学旅行についてまとめたことを発表していました。5年生は来年行く修学旅行に向けて、すでに期待が膨らんでいるようでした。  これから夏休みとなります。子ども達には、「自分の命は自分で守ること」と「1つ自信をもって、これは頑張ったと言えることを決めて頑張るように」という話をしました。子ども達にとって、充実した夏休みになることを期待しています。  一学期間、学校へご支援ご協力を多くの方からしていただきました。大変ありがとうございました。
19日 7月 2018
今日の献立は「丸パン、白身魚のフライ(トマトソースがけ)、茹で野菜、ポトフ」です。  今日は懇談会2日目ということもあり、給食後すぐに下校となるため食べやすい献立を心がけました。  給食前、「暑い~」「だるい~」と子ども達も口々に声をあげており、熱中症が心配でしたが、笑顔でフィッシュバーガーにかぶりついている様子を見て安心しました。  1学期の終わりまで、あと1日。がんばりましょう!
19日 7月 2018
 夏休み前の、地区児童会が行われました。登下校時の気づきや反省。地区でのラジオ体操の場所や行事などについて。登校日や愛校当番などについて話し合いを行いました。  いろいろな用事やスポ少などもあるでしょうが、これからは各地区で過ごす時間が多くなります。温かい伊佐校区の良さを生かして、地域全体の子ども達の見守りをお願いいたします。
18日 7月 2018
今日の献立は、「麦ごはん、いわしのみりん干し、夏野菜のみそ汁、ちしゃなます」です。  今日は月1回の山口県郷土料理の日でした。 さて、みなさんは今日の献立の中で、どれが山口県の郷土料理か分かりますか?正解は、副菜の「ちしゃなます」です。  萩を中心とした山口県と、島根県辺りにまで広がり、古くから伝わる栄養価の高い素朴な家庭料理で、多くの人から親しまれています。  今日は酢味噌に炒ったいりこを混ぜ、いりこ味噌をつくり、ちしゃと和えました。家庭では生のまま使われるちしゃですが、給食では加熱を必ず行わなければならないため、キャベツを合わせて給食用にアレンジしました。地域によっては、酢味噌に焼きさばを加えたり、ちめんじゃこや、茹でたイカを加えるところもあるそうです。 山口県の郷土料理に興味を持つきっかけになれば、と思っています。
18日 7月 2018
 昨日は、延期されていた不審者対応避難訓練を行いました。不審者が校内に進入した場合いに、校内への放送、警察への連絡、校外へ出て行っての体育館へ集合という手順で進めました。  通報し警察車が到着までに、不審者の取り押さえも少しの時間でしたが研修しました。子ども達は、DVDを見て、知らない人との距離感や大声を出すこと等を学びました。  各ご家庭でも、実際に大きな声を出す練習や通学路や遊ぶ場所などで危険な場所が無いか話題にして頂けたらと思います。
17日 7月 2018
今日の献立は、「しょうゆラーメン、小パン、マーマレード、八宝菜」です。 子ども達のリクエストの嵐が終息する様子が無く、ついにむかえたラーメンの日。朝から「今日、ラーメンだよね?!」と声をかけてくれる子どももちらほら…。緊張でした。 ついにできあがったしょうゆラーメン。「美味しかったよ~!」と声をかけられ、ほっとひと安心でした。  ですが、ラーメンを給食に組み込むのは、エネルギー量・塩分・野菜不足等、問題点がいくつかあります。そこで給食では、1週間~1ヶ月をかけて、必要な栄養を満たすよう調整します。 この規模の給食施設だからこそ、子ども達の声を反映しやすく、リクエストに応えることも可能ですが、そこは学校給食。守らなければならない決まりが多数あります。 1日の中でもたくさんの決まり・制限があります。それらを守り、安心・安全な給食提供を行っている毎日です。
13日 7月 2018
 伊佐中学校のプールをお借りして、5・6年生が着衣水泳を行いました。シャツやズボン、シューズという普段の姿で水に入りバタ足やクロールなどを行ったら、とてもきつそうでした。  次に、何も持たないで浮いたり、ペットボトルを持って浮いたりしました。子ども達は経験が無くて、ほとんどできないだろうと思っていたのですが、上手に浮いている子が多くてびっくりしました。  いざという場合いが無いことが一番ですが、備える大切な学習を行いました。
12日 7月 2018
 全農山口とJA美祢の方が来られ、お米(きぬむすめ)の贈呈式がありました。下関から美祢にかけて生産をされているこのお米が特Aを3年連続とったことを記念して、今日の給食に使われる分のお米をいただきました。  式では、1年生の代表児童がプレートを受け取り、その後に全校でお米について少しお話を伺いました。  給食時間には、各学年の食べている様子を一緒に見て周りました。どの学級でも、おいしそうに食べていました。日頃のお米もおいしいのですが、今日は一段とおいしかったような気がしました。
12日 7月 2018
日の照る中、子ども達は元気にRun Runタイムを行いました。 暑さ対策として、体育館入り口付近にてミストを出すなどしております。
12日 7月 2018
今日の主食、白ご飯はいつもと少し違っていました。写真でこの違いに気がつく方はいらっしゃいますか…??  正解は、お米の品種が違います。日頃食べているお米は「はるる」という品種です。一方、今日は「きぬむすめ」という品種を炊きました。  そして、このきぬむすめは、ただのきぬむすめではないんです。山口県西部地区でとれた、このきぬむすめは、おいしさを評価するランキングで、最高ランクの特A評価を3年連続で取得しているのです!  今日はそのお米を全農やまぐちさんより無償で提供していただきました。 そして、献立は白ご飯がもっと美味しく食べらようなおかずを厳選しました。美祢市でとれるお野菜とお米の相性は抜群です。  子ども達は「今日のお米すっごくおいしい!」「ナンバーワンだね!」「審査員のひとが、このお米を悪く言ったら許さない!!」など、いろいろな感想を口にしていました。違いに気がついた子、ピンときていない子、いろいろな子どもの反応がありましたが、お米に対して興味が芽生えている様子は見て取れました。このような機会を与えていただいた全農やまぐち様に、心より感謝申し上げます。

さらに表示する